フローリングのキズの補修について

長年住んでいれば住宅に気を付けていてもキズや汚れがついてしまうもの。棚やテーブルなどを置いたあとが床に残ってしまうこともしばしばです。そんな時でもフローリングの傷は実は交換せずとも補修する事ができるのはご存知でしょうか。

ホームセンターや生活雑貨店、DIYショップ等では自分でキズを埋めることができる補修アイテムがたくさん売られています。

キズを簡単に隠せるテープやシートはもちろんの事、埋めるタイプのクレヨンは耐久性が抜群です。簡単に目立たなくする事ができますのでちょっとしたキズの場合はこういったものを利用するのもいいですね。

自分の力だけでは手に負えない深い傷の補修の場合は修復を専門に行っているプロに頼むのもおススメです。

ノコギリキズの修復だけではなくへこみや単板膨れ、床老朽化補修等様々なフローリングの悩みの相談に乗ってもらえます。



変色の時にどんな色の塗装材を使えばいいのか等も悩まなくてすみます。

完全に取り換えなければならないかの見極めの時にもプロに相談してからなら納得して交換する事が出来るでしょう。

フローリングの傷については自分でやる場合も業者に頼む場合でも、賃貸物件の場合は注意が必要です。



賃貸の場合退去時には原状回復が基本となっています。ご自分で修復を行える方もいますがプロの目はごまかせません。
トラブルにならない為にはプロに任せることをお勧めします。

NAVERまとめの情報といえばココです。

フローリングの補修費用は出張費込みで6畳の場合で6万円ほどが目安となっています。