フローリングの補修について

フローリングを傷つけてしまったり、棚を置いていたところに跡が残ってしまった場合フローリングの補修業者にお願いするのもいいですが、張替えなどしていると意外と高くついてしまいます。
それよりは少しの傷であれば自分で直してみましょう。

業者だと4万円近くかかるのが、自分でやれば高くても5千円程度です。


ホームセンターに行けばフローリング補修のためのグッズがたくさん売られています。

軽い傷であればシール状のものを選びましょう。



気になる箇所に張ればよいだけなので簡単です。
ある程度の深い傷には専用のパテをつめて直すグッズもあります。
本格的なものは作業に手間もかかりますが、その分仕上がりもきれいです。



専用のクレヨンやマニキュアを塗って隠すタイプのものもあります。

キズの深さによって補修できるグッズは違ってきます。
キズにあったものの中から難易度や値段など自分に合うものを選び出しましょう。


ただ、どれだけきれいに直したとはいってもプロの仕事とはぜんぜん違います。賃貸物件のクリーニング代を安くすることはできません。

人を呼ぶときに恥ずかしくないように整える程度のものと考えておきましょう。

Girls Channel情報を集めたサイトです。

貼ったり塗ったりするものがフローリングの色と違っていたら直したところが丸分かりです。

しっかり光を当てた状態で色をよく確認しながら作業を行ないましょう。キズを目立たなくするどころか逆に目立つようになってしまったらやる意味がありません。